エラボトックスの効果を知った上で小顔になりましょう。

リスクも知っておこう

小顔効果が期待できるエラボトックスですが、決して良いことだけではありません。
しっかりとデメリットやリスクがあるということも、頭の隅に置いておくことが大切です。
では、どういったデメリットやリスクがあるのか、紹介していきましょう。

まず、別ページでも記載しましたが、エラボトックスは咬筋の動きを抑制させることによってフェイスラインをシャープにします。
つまり、顔を大きく見せている(エラが張っている)原因が、骨格そのものにある場合は、あまり効果が発揮されないようです。
なので、エラボトックスの効果を期待したいのであれば、あくまで咬筋の発達が原因の場合に利用することです。
骨格が原因の場合は、骨削りなど別の方法を検討する必要があるでしょう。まずは、美容整形クリニックで相談するのが良いです。

そして、このほかには、きちんと適切な箇所にボトックス注射をする必要があります。
もし、その適切な箇所に注入されなかった場合、どういったことがあるのかと言うと、表情がなくなってしまったり、人相が変わってしまったりすることがあるのです。
さらに、最悪の場合には、顔面麻痺といった後遺症が残ってしまうケースもあるようです。
やはり、人間である以上、表情や人相はとても大切です。場合によっては、日常生活に支障が出てしまうこともあります。
特に、仕事上、接客業や営業、受付など人と接する機会がある人は、しっかりと検討する必要があると言えます。

こういったことを知った上で、エラボトックスを受けたいのであれば、きちんと利用するクリニックを選定することも忘れてはいけません。