公務員

保育士とは、小学校上がるまでの子供たちが通う保育園に身を置く人の事である。そして、保育士は公務員として扱われるのである。
幼稚園と違い、0歳児から通えるというメリットがある。保育士は他の公務員と違い、収入はそんなに高くはないが、それでも子供が好き、笑顔を見るのが好き、だから毎日が幸せという人が多いのである。

専門家

保育士とは、保育所や児童養護施設などの児童福祉施設で、保護者に代わって子どもの保育をする子育ての専門家のことである。ここでいう子どもとは、0歳の乳児から6歳の小学校就学までの幼児を指す。
厚生労働省の管轄であり、児童福祉法に基づいて保育をすることが定められている。また、保育園は学校とは違う扱いであり、児童福祉施設とされているため、保育士とは、福祉の従事者であるということができる。

国家資格

保育士になるためには、国家資格である保育士資格が必要である。この資格を取得するには、短大(2年)や大学(4年)、専門学校(2年または3年)で専門の知識を学び、保育士養成課程を修了し、卒業することが必要である。
また、学校に通わなくても、通信教育や市販のテキストを用いて勉強し、1年に1回行われる国家試験に合格するという方法もある。この資格は一度取得すると、更新などを行う必要がなく、生涯資格を持つことができる。
そのため、資格を保有していることで再就職がしやすくなる。更新がいらないため一度取得すればいつでも保育士として就職することができるためである。